購入の流れ

5500fef57ffd8
  • STEP1
    購入のご相談
  • STEP2
    資金のご計画
  • STEP3
    物件のお探し
  • STEP4
    物件のご見学
  • STEP5
    購入の申込み
  • STEP6
    重要事項のご説明
  • STEP7
    売買契約のご締結
  • STEP8
    ローンのお手続き
  • STEP9
    引渡し

基本的な購入の流れを把握!

STEP1. 購入のご相談

img_res_main_sale01_768

これからマイホームを購入しようと思っていらっしゃる方のほとんどが、初めて不動産の購入をする方だと思います。

ですから、あまり不動産物件について知識がない状態で探さなければならず、間違った情報に惑わされたり、ありもしない物件を探したりしてしまいがちです。

「生兵法は大怪我の基」マイホーム購入を思い立ったら、まずは不動産売買の専門家に相談しましょう。

プロの知識と経験をうまく利用することが、理想のマイホームを手に入れる近道です。

STEP2. 資金のご計画

pixta_12446559_S-300x200

物件探しの前に、まずはご予算の確認をしましょう。

誰でもお買い物に行くときは、財布の中身を確認してからお出かけするもの。物件を探す前にある程度の購入予算を決めておくと、限られた予算の使い道をどこに使えばいいのかわかりやすく、物件探しがはかどります。

不動産の営業マンはたくさんのお客様のお手伝いをしていますので、経験豊富です。

無駄遣いをしないためにも、知恵を借りながら自分たちにピッタリのマイホームを見つけましょう。

STEP3. 物件のお探し

入居の流れ

物件を探す前に、ある程度の希望内容を決めておくと物件探しがはかどります。

まずは今の暮らしの中で改善したいことを考えましょう。すべてを叶えることは難しいかもしれませんので、叶えたい順番もあらかじめ決めておきましょう。インターネットで検索する際も、叶えたい希望条件の順番に検索するとより自分に合った条件が見つかりやすいでしょう。

また、もしかしたら思っている物件と違うものが掘り出し物だったりすることがあります。特に良い営業マンから紹介される物件はその可能性が高いので、先入観を持たずに見学してみると案外しっくりくることがあります。

前もって決めておくと物件が探しやすくなる項目
◆価格帯 ◆地域 ◆土地の広さ ◆建物の広さ ◆建物の新しさ ◆間取・お部屋数 ◆駐車場の台数 ◆マンションならペットの有無  ◆設備など
希望条件に優先順位をつけてから探すと物件が探しやすいでしょう。

STEP4. 物件のご見学

入居の流れ

見学してみたい物件が見つかったら、営業マンに段取りをしてもらい内見をしましょう。実際に物件を見て、自分たちが住んだ時のイメージを確認することが重要です。

その際は、できるだけ家族全員で見に行きましょう。みんなで意見を交わし合いながら、気に入ったところはどこか、気になる点はないか、購入を進めるべきかなど、後で後悔しないようにしましょう。

中古住宅の場合はリフォームすることで気になるところを解消できることもあります。遠慮せずに担当営業に伝えて、見積もりをしてもらいましょう。

また、居住中の物件を見学する場合は、売主さんにいいアピールをするチャンスです。営業マンから聞いた注意点をよく守って、笑顔のお取引ができるように振舞ってください。

 

STEP5. 購入の申込み

入居の流れ

ご希望の条件や予算が物件と合致したら、購入の「申込み」をしましょう。「申込み」とは売主さんに購入の意思表示をし、契約のための条件調整を打診するものです。

ただし、契約行為ではありませんので、購入を保証するものではありません。原則、満額でのお申込みで、住宅ローンの審査などの条件付きでない方が優先されます。

また、交渉後に新たな条件を付けるのは、売主さんも大変嫌がります。取引の前提である信頼を壊しかねないことになるからです。もし些細なことでも解消すべき点があれば、「申込み」の時に営業マンに相談しましょう。

いい物件ほど早めに決まってしまうものです。後で後悔しないためにも迷ったらすぐに相談しましょう。

申込時に必要な書類
◆身分証明書の写し(運転免許証・健康保険証など)

STEP6. 重要事項のご説明

ma02

売買契約の条件がまとまったら、担当営業から重要事項の説明を受けましょう。

不動産は、権利関係についてや法令の制限、契約行為についてや土地建物の知識など、とても専門的な分野です。だからこそ、必ず「宅地建物取引士」という資格を持った者が説明するよう義務付けられています。高額な買い物であるからこそ、間違いのないように、説明をしっかり聞いて納得して契約しましょう。

※【イエステーション】では「宅地建物取引士」のレベル向上を図るため、独自の講習やテストを行い、重要事項説明技能の認定を行っています。

STEP7. 売買契約のご締結

mainImg9

ご契約の際には重要事項説明書と売買契約書、媒介契約書にご捺印頂きます。また、手付金としていくらかの現金を売主さんにお支払いします。

また、契約後の手続きは決められた期限までに行わなければなりません。日程をしっかり把握し、忘れずに準備をしましょう。

契約時に必要な書類
◆手付金 ◆印鑑 ◆身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
※物件等によって変わる場合がありますので、担当営業に確認しましょう。

STEP8. ローンのお手続き

入居の流れ

契約書類がそろったら、早めにローンの申込みをしましょう。金融機関によって手続きの方法や必要書類、条件の決定方法や審査にかかる日程などが違います。

また、銀行との相談や手続きに際しては、できるだけ担当営業に前もって根回しを行ってもらい、営業マンも同席してもらうのが望ましいです。お客様だけで進めようとすると、細やかな意思疎通ができなくて手続きが円滑にいかなかったり、場合によっては借入条件が悪くなる可能性もあります。

ローンの審査が承認されたら、いよいよ銀行と契約を交わします。この時に引渡しの日程が決まっていないといけませんので、担当営業と相談しながら進めましょう。

ローン申込時に必要な書類
◆債務予定者の源泉徴収票(自営業・法人役員の方は確定申告書もしくは決算書) ◆売買契約書と重要事項説明書 ◆購入費用見積書(リフォームする場合はその請負契約書もしくは工事見積書) ◆実印 ◆身分証明書(運転免許証等と保険証)
※金融機関や購入内容、借入方法等によって変わる場合がありますので、担当営業に確認しましょう。

 

金銭消費貸借契約時に必要な書類

◆新しい住所での住民票 ◆新しい住所での印鑑証明書 ◆通帳と通帳印 ◆実印 ◆身分証明書(運転免許証等と保険証)
※金融機関や購入内容、借入方法等によって変わる場合がありますので、担当営業に確認しましょう。

 

STEP9. 引渡し

入居の流れ

残金決済・登記手続き・物件の引渡しを同日に行います。ローンを利用する場合は、この日に銀行から融資金を受け取ります。戸建を購入する場合は鍵を受け取ります。

リフォームをする場合は、この日以降に工事着手となります。鍵を受け取ったら引越しできます。

入居に備えて、所定の電力会社・水道・ガス(あれば)・電話(インターネット)・ケーブルテレビ等にご連絡・ご契約となります。

戸建の場合は町内会やご近所に挨拶をしましょう。

引渡し時に必要な書類
◆住民票 ◆印鑑 ◆決済金 ◆ローンを利用する場合はローンの書類など
※物件等によって変わる場合がございます。